陶器

思わぬ落とし穴から

前回調合したブロンズ釉を早速施した皿が焼き上がりました。 結果想像通り黒マットよりは味わいのある上品な仕上がりに。 しかもブロンズ釉は流れ易く、皿の裏面等に施しでもしたら棚板が悲惨な状態になりがちなのですが、この釉薬はかなり高温で焼いても全く流れない優れものでした。 しかし、思わぬ落とし穴が。。。 ブロンズ釉に入っている酸化銅が表面まで出てきてしまい真っ白になるはずの表面に緑のグラデーションが! […]

テーブルウェアフェスティバル 入選

「テーブルウェアフェスティバル2020」の授賞式に参加してまいりました! 惜しくも入賞まで至りませんでしたがオリジナルデザイン部門応募者数900人以上の激戦の中、入選ではありますが立派な賞を頂け大変光栄です。 思い返せば賞状貰ったのなんて写生会か書道か忘れましたが小学生以来じゃないでしょうかw 作品はこのブログにも何回か登場したこちらの結晶長皿になるのですが、 お皿達もまさか東京ドームで多くの方々 […]

新ブロンズ釉調合

流れにくいブロンズ釉をテストした所、想定していたよりも 渋めでアンティークな真鍮みたいになってくれたので大満足。(写真だとゴールドに見えますが実物はもっと酸化した真鍮みたいです) 結晶皿の裏を黒マットからこちらに切り替えたいので次回の本焼きに向けて早速2リットルの調合です。 100メッシュを難なく通る原料ならミルを使う必要はないのですが、こちらの原料は粒が粗いのでポットミルで摺り潰す必要があります […]

3Dプリンター

今まで石膏で原型を作っていたのですが型取りで壊れてしまう事が多かったので 3Dプリンター ANYCUBIC i3 Mega を導入しました。 石膏の原型はパッキパキに折れまくってましたが 、PLA樹脂で プリントアウトされた原型は適度な厚みがあれば壊れる事はほとんどないので原型から何度でも型が作れます。 更にPLA樹脂 は多少伸縮出来るので石膏から抜くときも楽に取り出し可能。これも原型としてはあり […]

結晶長皿

最近取り組んでいる結晶皿シリーズの新作の長皿(36cm)です。 緩やかなカーブを描く高台により端に行く程高さがあり、横から見ると凛とした印象を受けます。 こちらはタタラ 用の石膏型。 アウトラインのリムは手彫りです。 スライスしたタタラも 40cm超えになると 歪めないように扱うのが難しく難易度が上がりますね。 兎に角安定した生産が出来るように日々精進して参ります。

結晶大皿

八寸(24.5cm)の大皿が焼き上がりました。 大皿に関してはまだまだ技術が足りなく失敗が絶えません。 皿が深いと釉薬が真ん中に貯まってしまうので 上手く焼けたと思っても冷め割れで2日目に真っ二つになってしまう事も。 なるべく浅く成形したいのですが可塑性の少ない半磁器土で平らに近い大皿を轢くのは本当に難しいです。 こちらは釉薬テスト中に初めて成功した大皿です。 真ん中に貯まった釉薬が透明感のある青 […]

ドリッパー作陶

ポットにぴったり装着できるコーヒードリッパーを作陶することに。 カリタ式、メリタ式、ハリオ式等、色々な形状のものがありますが、自分なりにリサーチしてとりあえず1つ穴でリブを凹型と凸型の2種類作ってみました。   初挑戦にしてはデザイン質感共に良い感じで仕上がったと思います。 実際に使用してみましたが掘り込んだ凹型の方が雑味が少なくすっきりした感じで、凸型の方は少しビターな感じです。 ただ […]